まんてんぼしの かがやき  ~ from Osaka

日々のささやかなひとりごと

餌を作るのはわたし

夏休み頃から我が家へやって来たハムスター達。

真っ白い小さなメスの2匹です。

ハムスターが来たので、しばらく金魚の水槽はお休み。

世話や掃除は子供たちが代わる代わるやっていますが、今のところは丁寧にしているようでほっとしています。

やって来て1か月半。

実はまだ、たった一度もさわったことがありません。指一本。

苦手、というのではないのですが、小さい頃から気管支が弱くて毎月熱ばかり出していたことで、鳥や毛のある動物は近寄らない、触らない、といい聞かされていたので、大人になった今もなんとなく近付く事ができないのです。

 

でも。

たぶん家族の中では、1番でなくても2番か3番目には私になついている筈。と、心の中では思っています。

それは、お料理の最中に新鮮な野菜や種などをこっそり用意するから。

市販のペレットや、おいしそうな乾燥フードよりも、みずみずしくて美味しい餌のおかげで、ハムスターを手に乗せることはできないけれど、きっと懐いてくれている。・・・ような気がしています。

食べっぷりを見ていれば一目瞭然?

子供たちに言ったら、勿論怒るんですけれどね。