まんてんぼしの かがやき  ~ from Osaka

日々のささやかなひとりごと

夏本番

台風一過でいよいよ夏休み。終業式の日はこちらではあいにく台風の影響で小学校はお休みとなりましたが、外出できない中、しっかり早めに宿題に取りかかっているという子供たちの頼もしい声もちらほら聞かれます。

教室のほうでは夏の特別教室も始まって、新メンバーを迎えこの夏も新たな気持ちで皆さん通って下さっています。

連日の暑さの中プールで泳いでからやってきましたという方も多く、この一週間で真っ黒に変身していく姿に私もびっくりです。元気一杯でやってくる姿に元気のお裾分けをしてもらって、私も暑さをしばし忘れるようです。

 

台風11号が過ぎる直前に咲き乱れていた、庭のカサブランカです。

f:id:Sora-san:20150727224936j:plain

f:id:Sora-san:20150727223955j:plain

このままでは1年間楽しみに待っていたのに、この間のチューリップのように駄目になってしまうな・・・と思ったのですが、やはり切り花にしてしまう勇気はなく、せめてもと一輪だけを玄関に飾っていました。

大変よい芳香がします。

カサブランカには昔親しかった知人の悲しいお話がつまっているので、この花を見るたびに彼女を思い出します。

記者であった婚約者を式の直前に事故で失い、次の幸せな結婚がもう間近だというのに、どんなに嬉しくても私は白い花嫁衣裳を着ることは出来ないと、そう打ち明けて、ブーケとして手に持つはずだった白い大輪のカサブランカを見るたび、悲しい表情を浮かべていた姿がいまも忘れられません。

白く清楚な花ですが私にはいつまでも憧れと悲しみを抱かせるような、そんなお花です。