まんてんぼしの かがやき  ~ from Osaka

日々のささやかなひとりごと

使ってみたいセリフ

子供がお世話になっている音楽教室の先生は、とても気さくで、また厳しいこともぴしゃりと仰るので、子供はともかく密かに私はプチファンなのです。

そして練習の不足次第では毒舌家(失礼!)に豹変されるのです。

私には丁度心地よいくらいなのですが、まあそれは後ろでレッスンをゆったりと聞いているだけだからであって、習うほうからすると結構厳しいめの先生ということになるかもしれません。

練習せずにレッスンに出向いたのがすぐにばれ、そこでその日のレッスンは打ち切りです。その上軽くげんこつのおまけつきです。

後ろで苦笑いするやら、先生にも申し訳ないやら。

音楽というのは楽譜の記憶も勿論でしょうが、常にいろいろな事に目配り気配りが必要です。少し不機嫌になられた先生の一言に惚れ惚れしました。

「頭というものは、帽子被るためだけにあるんじゃない!」

手帳があれば、すぐにメモしておきたい。教室で私も一度言ってみたいな。

ちょっと手厳しいけれど・・・。

でもその前にまず、帽子を被ってきた男の子達にはひと言、「教室に入ったら必ず帽子は脱いでね。」と。

なぜか暑くても帽子を被ったまま勉強したがる子供たちです ^^;

あ、ちなみに上の話は女性の先生です。本当格好いい!