まんてんぼしの かがやき  ~ from Osaka

日々のささやかなひとりごと

その論調に面影残る

朝は時間に追われテレビをつけることもほとんどないのですが、空模様が気になって今日はたまたまニュースがついたままだったのです。

最初10分ほどぼんやりとニュースの主の記者会見模様を眺めていたのに、全く気付かなかったのです。今朝のニュースはそれとSTAP問題の2本立てでどのチャンネルにもその模様が流れていました。

それが昔に数年間ほど趣味で毎日のように活動を共にしていた方だと気付いた時には目を疑いました。20年以上ぶりにこのようにテレビを通して再会するとは。

いくら眺めていても、以前と見た目が違って見えて、気付かなかったのです。

けれども当時と変らない声と、その論調でようやく気付きました。

本当にどうして、とも思うのですが、驚いてしまって朝からどうも落ち着きません。

 

少しばかり歳も離れていたこともあり、たまにしか話しも交わさなかったけれど、生真面目というか堅物というのか、そういう部分も当時は確かにあったので。

内容的には非難されても仕方ないものだけれども、なんだか釈然としないというか。

年月が過ぎて変ってしまったのかな、とは思いたくないのですが。

やはり説明をきっちりともう一度やってほしいです。自分自身のためにも。

昔と変らぬ地道な粘り強さがあれば、きっとできると思うのです。

あきらめたり投げやりにならないで、のんちゃん。